花粉症の症状を和らげるために、病院から処方される薬を飲まれている人も多いでしょう。 しかし、病院で処方される薬というのは、即効性がある反面、眠気を感じたり、胃腸の調子が悪くなったりなど、副作用が出る可能性も高いです。 そのため、花粉症の症状は改善されても、副作用による症状に悩まされることも少なくありません。 病院の薬にはこういった問題があるため、花粉症患者の中には漢方薬を飲まれている方もいます。 漢方薬の中には花粉症を改善できるものもあり、病院の薬のように副作用に悩まされる心配がないです。 ただ、漢方薬というのは体調を整えたり、体質を改善して、症状を抑えることを目的とした薬ですから、治療薬ではありません。 即効性がないため、すぐに症状が良くなるという訳ではありませんが、副作用があまりないので、安心して飲むことができます。 長期間飲み続けることによって体質自体を改善することができれば、花粉症を発症しづらくなるでしょう。 仮に再発しても、症状が軽いので、以前のように辛い症状に苦しむことはありません。 漢方薬にはこのようなメリットがあるので、花粉症に悩まされている方は一度使われてみてはいかがでしょうか?